bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順

投稿日:2016年1月7日

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引所の「bitFlyer(ビットフライヤー)」に口座開設する手順をまとめています。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内初の仮想通貨ビットコイン取引所(販売所)です。

⇛ bitFlyer(ビットフライヤー)

国内にはいくつかのビットコイン取引所がありますが、bitFlyerは、三菱UFJ、三井住友などのメガバンク系ベンチャーキャピタルをはじめ、リクルートやGMOなどの有名企業が株主に連ねており、その信頼性の高さが特徴です。

bitFlyer(ビットフライヤー)への主な出資企業

また、ポイントサイトからビットコインにポイント交換するには、それぞれ指定のビットコイン取引所のアカウントが必要になりますが、いずれのポイントサイトも交換先に「bitFlyer」を指定しています。

そのため、ポイントサイトで貯めたポイントをビットコインに交換するには、「bitFlyer」のアカウントが必須となっています。

参考 ⇛ ビットコインに交換できるポイントサイトまとめ

bitFlyerのアカウント種類

bitFlyerのアカウント作成・維持に掛かる手数料は全て無料となっていますが、本人確認資料の提出内容によって、いくつかのアカウントクラス(種類)があります。

bitFlyerのアカウントクラス

メールアドレスの登録だけで作成できるアカウント「スタンバイクラス」ではビットコイン売買などの取引はできず、クラスが上がるに連れ、取引可能な範囲が広がります

ちなみに、携帯電話や銀行口座、運転免許証などの確認資料を提出するだけで、一通りの取引が可能な「ビジネスクラス」にアップグレードできるので、私はビジネスクラスを利用しています。

bitFlyerのアカウント作成手順

bitFlyerのアカウント作成は簡単に行うことができます。

まずは、bitFlyerのWEBサイトにいきます。

⇛ bitFlyer(ビットフライヤー)

メールアドレス(またはFacebook/Yahoo!IDアカウント)を入力して、「アカウント作成」をクリックします。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設画面

これだけで「スタンバイクラス」のアカウントが作成されます。

その状態では、ビットコインの預入・送付しか行うことができないため、必要な取引操作ができるアカウントクラスまでアップグレードする必要があります。

アカウントクラスを上げるには、bitFlyerにログインした画面右にある「アカウント情報」より、「携帯電話認証」「ご本人情報登録」「銀行口座情報確認」「運転免許証またはパスポート提出」を順にクリックして、必要情報を入力していきます。

bitFlyerのアカウント情報

尚、銀行口座情報確認には、登録した銀行口座からデポジット(預入金の振込)が必要になります。金額はいくらでも構わないので、私は100円だけ入れておきました。

「現住所確認書留」「ファーストクラス招待状」は、ファーストクラスの招待状を受取り、ファーストクラスへのアップグレードを希望する場合にのみ必要。

それらの認証が完了すると、登録段階に応じたアカウントクラスになります。(↓でビジネスクラス)

ビジネスクラスのアカウント登録情報

あとは、ポイントサイトからビットコインへポイントを交換したり、積み立てたビットコインの値動きを楽しんだり、ビットコインの売買をしてみたりと、ビットコイン投資を存分に楽しみましょう(・ω・)b

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

このページの先頭へ